千葉大みらい医療基金

~国民の安心・安全な未来を目指して~

医学部の歴史

概況

創設は明治7年(1874年)

医学部の歴史は古く、その創設は明治7年(1874年)に遡る。当時、衛生医事に関心の厚い千葉町、寒川村、登戸村等の有志の醵金によって、千葉町に共立病院が設立されたのがそもそもの始まりである。
その後、明治9年(1876年)に公立に移管し、公立千葉病院となり、同時に院内に医学教場が付設されて、医学教育の第一歩を踏み出した。
明治15年(1882年)に同病院が改組されて県立千葉医学校及び附属病院となり、医学教育の場として益々本格的な活動に入った。
明治20年(1887年)に官立に移管され、第一高等中学校医学部となり、その後、第一高等学校医学部、千葉医学専門学校と変遷を経て、大正12年(1923年)には更に千葉医科大学に昇格した。以後、千葉医科大学は幾多の研究業績により、その名は全国に知れ亘るところとなり、日本医学界の発展に貢献してきた。

新築直後の千葉医科大学本館及び基礎医学教室航空写真(昭和5年頃)
新築直後の千葉医科大学本館及び基礎医学教室航空写真(昭和5年頃)

昭和24年(1949年)に千葉大学医学部が発足

昭和24年(1949年)に新制の国立総合大学として千葉大学が発足した際、千葉医科大学は千葉大学医学部となり、以後時代の要請とともに逐年拡充されてきた。
昭和30年(1955年)から大学院医学研究科(博士課程)が設置され、平成10年(1998年)からは、大学院医学研究科に独立専攻として高次機能系専攻が設置された。

平成13年(2001年)大学院医学研究院、大学院医学薬学府設置

平成13年(2001年)大学院医学研究院、大学院医学薬学府が設置された。
平成16年(2004年)学内共同教育研究施設としてバイオメディカル研究センター(旧遺伝子実験施設)が新たに建築された医薬系総合研究棟に設置された。
平成17年(2005年)医学薬学府に医学系修士課程(医科学専攻)、学内共同教育研究施設として社会精神保健教育研究センターが設置された。
平成19年(2007年)学内共同教育研究施設として予防医学センターが新たに柏の葉キャンパス地区に設置された。また大学院医学研究院に臨床腫瘍学講座が設置された。また、動物実験施設を擁し、日本医学界を代表する各教授をはじめ、数多くの研究者がそれぞれの分野において優れた実績をあげ、日進月歩の医学界に貢献している。
平成19年(2007年)には、経済産業省所管の中小企業基盤整備機構によりインキュベーション施設としては日本で初めて医療系キャンパス内に千葉大亥鼻イノベーションプラザとして設置され、産学連携による先端医療の開発・研究基盤が整備された。
さらに、平成20年(2008年)には医学部附属病院の新病棟が竣工し、医療環境の充実化を図ると共に未来開拓センターを開設し、最先端医療の開発・実行のための基盤が整った。
平成21年(2009年)には先端応用医学研究部門に心臓血管外科学が設置された。
平成22年(2010年)には神経科学研究部門に精神神経科学が設置され、翌23年(2011年)には子どものこころの発達研究センターが設置された。
平成24年(2012年)には千葉大学未来医療教育研究センター、クリニカル・スキルズ・センターが設置され、全ての医療専門職を対象に初歩から高度まで様々な医療技術を体験的に学習する教育設備が整備された。同年、大学院医学研究院が7研究部門13講座から、2研究部門7講座に改組された。
平成25年(2013年)、総合医学講座が設置された。
平成26年(2014年)には千葉大学医学部新ゐのはな同窓会館と医学部附属病院の新外来等が竣工、医学部記念講堂の改修工事も完了するなど大規模な工事が終了した。大学院医学研究院には法医学領域で高度に専門化した実務を行う医療者を養成すべく法医学教育研究センター、そして超高齢社会である日本の健康長寿を目指す超高齢社会に研究センターが設置された。未来医療教育研究機構が設置され、大学院医学研究院が現在(2020年)の2研究部門7講座に改組され、難治性疾患の「治療学」研究を推進する基盤が構築された。
平成27年(2015年)には、iPS細胞を用いた病態解析や治療開発を目指す再生治療学研究センターが設置された。
平成28年(2016年)、粘膜免疫・アレルギー治療学研究センターが設置され、「病気にかからない予防ワクチン(次世代型粘膜ワクチン)」の開発に取り掛かった。先進予防医学共同専攻が設置された。
平成30年(2018年)、国際アレルギー粘膜免疫学研究領域、オミクス治療学研究領域、人工知能(AI)医学研究領域が設置され、ビッグデータや人工知能(AI)の医療応用を目指す治療学人工知能(AI)研究センター、薬剤の研究開発・実用化を抜本的に加速させるべくバイオリソース教育研究センターを設立した。

先端医療の開発・研究基盤が整備された平成19年の航空写真
先端医療の開発・研究基盤が整備された平成19年の航空写真

千葉医学について

千葉医学

千葉医学(CHIBA MEDICINE)は、明治7年(1874年)に千葉大学医学部のルーツである共立病院が地域住民等の醵金により建てられて以来135年以上に及ぶ本学の伝統と達成された成果を包括する概念※です。ゐのはな同窓会135周年記念事業の一環として下記のアイデンティティーと共に提言され、2011年3月の医学部教授会に報告・承認されました。この伝統と成果は医学部大学院附属病院、関連の地域中核病院、更に千葉医学会ゐのはな同窓会等に継承され、千葉医学はこれらの組織、団体を包含します。

千葉医学は「千葉大学医学部八十五年史」にある元国立千葉病院長の鈴木五郎(1898 -1990)の文章、「大学病院が医育機関として草創以来80有余年の長きにわたり、間断することなくその使命を果たしてきた一筋には、何等の変動もない所に千葉医学の伝統が流れる」に由来します。

千葉医学のアイデンティティー

千葉医学のアイデンティティーとして、ゐのはな同窓会135周年記念事業(千葉医学の伝統言語化プロジェクト)において、視覚的アイデンティティー(ロゴマーク)および言語的アイデンティティーが以下のように提案されました。

視覚的アイデンティティー(ロゴマーク)

獅胆鷹目行以女手(したんようもくおこなうにじょしゅをもってす)は、千葉大学医学部の外科学の祖とされる三輪徳寛(1859 -1933)※が、医員ならびに学生の教訓となるべき格言として残した言葉で、外科医の心得として以下のような意味とされています。本学では、多くの学生、医師がこの格言を支えに修練を積み、秀でた外科医となってきました。
「獅子のように細心にして大胆且つ動じない胆力、鷹のように諸事を見通し、判断、解決できる眼力、女手のように臓器を柔らかく扱い緻密に行える手技」 ロゴマークの獅子、鷹は上記の言葉を表していますが、手に関しては、女性の手とは限定せず、両手で臓器を大事に扱い、緻密に手技を行える人間の手を意味しています。中心のハートは胆力、眼力、臓器を意味すると共に、患者中心の医療を実践できる共感、利他、責任感などプロフェッションとしての心を意味し、千葉医学が目標とする医師像を示しています。

「獅胆鷹目 行以女手」の由来は三輪德寛の残した文書によると(註1)、ドイツ語の”Ein Doktor muss ein Falkenauge, ein Jungfernhand und ein Lowenherz haben.”(医師は鷹の目、娘の手、ライオンの心を持つべし。)、さらにそのオランダ語の原典であろうとされています(註2)。これがシーボルトにより日本に伝えられ、漢文に堪能な弟子等により「獅胆鷹目 行以女手」の名訳が生まれたのではないかと推察されています。同様の言い伝えは古く16世紀イギリスの外科医John Halle(1529~1568)の次の言葉(註3)に見られます。“A surgeon should have... three diverse properties in his person, that is to say, a heart as the heart of a lion, his eyes like the eyes of a hawk, and his hands as the hands of a woman.” いずれにしても古くから同様の言い伝えが広くヨーロッパに流布していたものと思われます。

(註1)
三輪德寛 『「獅膽鷹目行以女手」ニ就イテ』千葉醫學會雜誌 5 (10), pp.1469 - 1471,1927(http://jairo.nii.ac.jp/0007/00022115
(註2)
http://www.zeno.org/Wander - 1867/A/Doctorの第19項目:Karl Friedrich Wilhelm Wander(1803 - 1879)Deutsches Sprichworter-Lexikonに収載された“Een valken-oog, een leeuwenhart en eene jufferhand is den medecinmeester noodig.”(Harrebomee, II, 357.)年代から考えて、註1の文献の中で、三輪德寛がドイツで買い求めたとある本はこれであると思われる。
(註3)
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1442-2034.2000.00029.x/pdf
言語的アイデンティティー
1. 人間の尊厳

山浦 晶元病院長が中心となって作成した大学病院の基本理念、「人間の尊厳と先進医療の調和を目指し、臨床医学の発展と次世代を担う医療人の育成に努める」は、既に広く認められています。この基本理念に由来した「人間の尊厳」を、以下の如く千葉医学の言語的アイデンティティーとしました。

人間の尊厳と先進医療の調和をめざし、次世代に伝える
Harmony of Humanity and Advanced Medicine

2. begin.continue

旧第二外科教授の中山恒明(1910 - 2005)の言葉として「まず始めること、始めたら止めないこと」があります。これは診療、教育、研究のいずれにも共通して、イノベーションを興し、それをやり遂げるという意志が込められています。135年の千葉大学医学部の歴史の中で達成された多くの先達の業績の底流には、「誰よりも先んじて始め、始めたら諦めない、最後までやり抜く」共通の姿勢を見ることができます。中山恒明の残した言葉ですが、千葉大学医学部の伝統として潜在的に受け継がれてきた行動指針を彼が言語化して後世に伝えてくれたと考えることもできます。
世界の外科医の殿堂であるシカゴの国際外科ミュージアムに中山恒明の業績が展示され、「まず始めること」が以下のような英文として掲示されています。
Beginning is half the success, not giving up on the way is complete success.「まず始めること」をこの英文に置き換え、更にbegin.continueの二つの単語に要約しました(.は2つの言葉を結ぶ連結記号)。千葉医学で学び、修練し、研究する学生、医師達の行動指針として「誰よりも先んじて始め、始めたら諦めない、最後までやり抜く」という意志を込めたbegin.continueを、継承してくれた先達への感謝と共に現在、未来を担う若人へ捧げたい。
(敬称略)